小松基地航空祭2018 予行 撮影ポイントの様子

9月17日(月・祝)に開催される小松基地航空祭に向けて、各プログラムの予行演習・訓練が小松基地で行われています。9月11日~12日には総合リハーサルが行われ、ブルーインパルスや岐阜基地リモート以外の、小松基地所属部隊による当日のスケジュールに合わせた確認が行われました。また、前日の16日には松島基地よりブルーインパルスが飛来し、こちらも予行を実施しました。

毎年のことですが、航空祭当日の天気はイマイチ。去年に至っては台風で中止。少しでも天気の良い予行を楽しもうと、県内外から大勢のファンが基地外周に集まりました。

各撮影ポイントの様子と、予行で実施したプログラムです。

撮影ポイント

予行は関係者を除き、基地内から見ることはできません。基地周辺から、周辺住民や空港利用者の邪魔にならないよう観覧します。

一番お手軽なポイントは空港デッキ。入場料は無料。予行がある期間は航空ファンでいっぱいです。

デッキからは、午前中逆光になります。また、旋回系の演目では、建物が邪魔をし日本海側を見ることができません。

RW24エンドにある公園「スカイパークこまつ共生の丘」。こちらも予行期間中は満車が続きます。ブルーの前は公園周辺に路駐が溢れますが、駐車禁止です。パトカーが定期的にやってきて警察が取り締まっています。

また、ブルーインパルスがフライトする前日からは、周辺道路が通行止めになるため、利用できません。

県外ナンバーが多数。

公園向かいの墓地。こちらは地元住民以外は立入禁止の看板が立てられています。

公園からRW24エンド真下まで徒歩5分。着陸する機体を間近で楽しむことができます。

小松空港駐車場。こちらにはカメラマンが多数。航空プラザ横の田んぼや、この小松空港駐車場が機動飛行の中心位置になるので、機体の背中を撮影する方々はこちらに集まります。こちらも午前中は逆光。また、離陸直後の高度が低い機体は建物に隠れて見えません。

ブルーインパルス予行および本番の日は、駐車場利用時に搭乗券の提示が求められます。空港利用者以外は駐車できません。そんな理由もあって航空プラウザ駐車場は早々に満車になります。JR小松駅周辺の有料駐車場を利用して、バス(片道12分、270円)かタクシー(片道約2000円)で空港まで利用します。

航空プラザ横の田んぼ。離着陸の様子は見えませんが、機動飛行中心になります。

総合予行

11日の総合予行の様子です。基本的に当日のプログラム通りの時間でフライトが行われます。空港駐車場で撮影しています。基地と滑走路を挟んで反対側からの撮影なので、当日は向きが逆になります。

オープニングフライト

朝7時47分、303飛行隊のF-15J 2機がTACディパーチャーで離陸。オープニングフライトです。

306飛行隊のスペマ機が離陸。

T-4も離陸

オープニングフライトのフライパスが始まります。

2回目はデルタ隊形

8時20分ごろ、4機が着陸しました。

航空祭とは関係ありませんが、9月から運用開始予定の石川県のドクターヘリBELL429 JA126Dが離陸していきました。

303飛行隊 機動飛行

2機のF-15Jがテイクオフ

会場正面でブレイク

今年は龍の鱗をイメージしたクリプテック迷彩の塗装が施されています。

306飛行隊 機動飛行

テンポよくプログラムが進みます。

こちらは通常塗装のF-15J 2機でのフライトです。

救難展示

U-125Aが離陸。

要救助者を発見

UH-60Jが会場正面でホバリング、救助します。

大編隊&アグレッサー 機動飛行

エプロンでは大編隊の離陸準備が進められています。

今年のF-15大編隊は、303飛行隊4機、306飛行隊4機、アグレッサー2機の10機編隊です。

F-15J/DJが10機連続で上がります。

#094はアグレッサー所属ですがIRAN明けなのか通常塗装のままでした。

10機が隊形を整えている間に、アグレッサーの機動飛行が始まります。

さっき上がった2機とは別の2機が離陸。今年の新色も上がりました。

AAM-5のキャプティブ弾とAN/ALQ-131をつけたままの飛行です。

こちらの機体にはACMIポッドも。

大編隊が戻ってくるまで、素晴らしい機動飛行で場をつなぎました。

10機編隊が基地上空へ戻ってきました。

この2隊形が当日実施する演目のようです。

以上で予行は終了です。機動飛行を行ったアグレッサー2機と、大編隊10機が降りてきました。岐阜基地のF-4、F-2の地形慣熟飛行は11日には実施せず。

ブルーインパルス

16日に宮城県松島基地よりブルーインパルスが飛来、予行を実施しました。

朝8時50分ごろに松島基地を離陸したブルーインパルスは、9時30分ごろ小松基地上空へ到着

1番機 #690

2番機 #787

3番機 #730

4番機 #731

5番機 #790

6番機 #666

予備機 #692

エプロンでは当日の準備が進められています。

三沢基地第3飛行隊のF-2も来ていたようです。

302飛行隊のF-4EJ改 特別塗装機も。

13時40分より予行が始まります。まずは5番機だけ上げて天候偵察。天気は低めの雲。

残りの5機が離陸。5区分、デルタローパス。

民間機2機の着陸をまって、リーダーズベネフィット。着陸待ちの間に天候が更に悪化したため、これでミッション終了となりました。