富山-金沢 交通手段の料金比較と乗り方解説 バスや新幹線、最安・最速はどれ?

富山県の富山駅と、石川県の金沢駅を結ぶ交通手段の料金と所要時間の比較、および乗り方の解説です。北陸新幹線、あいの風とやま鉄道・IRいしかわ鉄道、高速バス、自家用車などを比較します。

IHK_1376

電車(あいの風とやま鉄道・IRいしかわ鉄道)

料金:1,220円
所要時間:54分~
北陸新幹線開業に伴い第3セクターに移管された、旧JR北陸本線在来線です。10回分の運賃で、11回乗車できる回数券もあります。

IHK_4024

乗り方は通常のJR在来線と同じく、目的地までの切符を券売機などで購入し、改札を通ります。SUICAなどのICカードも近年利用できるようになりました。

富山駅の改札。

IHK_0986

車内は自由席。

IHK_7333

平日の朝晩通勤時間のみ、快速「あいの風ライナー」が運行しています。そちらは料金+300円で、所要時間は約45分です。

高速バス

料金 : 930円
所要時間 : 約75分
金沢駅東口バスターミナルと、富山駅バスターミナル間を、地鉄と北鉄が高速バスを運行してます。安く行くならこちら。平日18往復、休日20往復運行しています。時刻表は地鉄・北鉄のサイトへ。

回数券は10回分7,700円なので、頻繁に利用するのであれば、片道770円で利用可能。
IHK_4533
金沢駅の乗り場は東口の2番。電車よりも安いので、人気です。割と列ができます。

IHK_4529

金沢駅の時刻表。

IHK_4530

チケットや予約は不要で、2番乗り場の列に並んで、バスが来たら乗るだけです。スーツケースがあればトランクルームへ。バスは富山の地鉄と石川県の北鉄が運行していますが、回数券などは共通して使えるので、特に違いを意識する必要はありません。

地鉄のバスはこちら。
IHK_4533

北鉄が運行するバスはこちら
IHK_4686

座席は、自由席。開いているところに座ります。乗車時に料金の支払いや整理券の受け取りは不要です。50人前後しか座れないので、相席になることもしばしば。金沢駅に来るまでに、兼六園などを経由しているので先に乗客がいることも。
IHK_4536

一般的な観光バスです。4列シート。補助席あり。
IHK_4689

IHK_4688

携帯が充電できるコンセントがある車両もあります。
IHK_4693

高速道路に乗り、富山IC-金沢東IC間を走行します。途中サービスエリアには立ち寄らないので、トイレは先に済ませましょう。下道で何回かバス停に停まります。降りるバス停が近づいたら、ボタンを押す必要があります。

IHK_4538

支払いは、バスから降りる際に運賃箱に現金930円または回数券を入れます。料金一律なので、整理券などは特にありません。車内で紙幣や小銭の両替ができます。たまに10円玉が釣り銭切れになるので、小銭はできれば事前に用意したほうがいいでしょう。クレジットカード使用不可。

IHK_4691

金沢発富山行きのバス降り場。富山駅前に到着です。

IHK_4540

富山駅から乗る際は、南口のバスターミナルから

IHK_4541

金沢駅行きは2番のりばから出ています。

IHK_4542

富山発金沢行きは、都ホテル前のバス停に停車します。

IHK_4695

北陸新幹線

料金:自由席 2,810円、指定席3,530円
所要時間:19分~23分
最短で移動したい場合はこちら。北陸新幹線「つるぎ」「はくたか」の自由席であれば、「2,810円」で所要時間23分となります。お急ぎの場合「かがやき」を使うと、新高岡駅を通過し所要時間は19分となります。ただし、かがやきには自由席は無いので指定席料金「3,530円」となります。

IHK_9634

きっぷは券売機やみどりの窓口で購入します。

IHK_7727

新幹線の乗り方解説は、つるぎに乗ってみたの記事へ。

北陸新幹線 E7系・W7系 グリーン車に乗ってみた

2015.03.14
大阪方面の特急「サンダーバード」や米原・名古屋方面の特急「しらさぎ」は、北陸新幹線開業に伴い、富山-金沢間の運行はありません。
IHK_8816

自家用車(高速道路利用)

料金:2,230円~ (高速道路料金1,590円(ETC休日1,110円)+ガソリン代64km分640円)
所要時間:約75分
北陸自動車道 富山IC-金沢東IC間の料金。燃費15km/1L,ガソリン150円/1L計算でガソリン代約640円。高速道路を使用せず下道オンリーだと、国道8号線を使用して所要時間はおよそ2時間です。

IHK_6058