白山に登山してみました【初心者】

富士山、立山に並び日本三名山の一つとして数えられる“白山”は標高2702m、登山で人気の山です。
中高年層から若年層、小中学生も登山を楽しむことができ、高山植物やブナの原生林など様々な魅力に触れ合えます。

近年では登山ブームに乗って山ガール、山ボーイなどファッショナブルな若者登山者も多く見られます。
ということでi北陸でも白山登山に挑んでみました。

白山は標高2702メートル、約4時間で頂上に到達できます。

市ノ瀬~別当出合まではシャトルバスが20分間隔で運行しています。
運行時間は5:00~15:30まで片道 大人400円 子人200円です。

お盆期間中や土日などはマイカー規制がかかり市ノ瀬~別当出合間はマイカー通行ができません。
ご注意ください。
DSC_0444

市ノ瀬には約750台分の無料駐車場が完備されています。
DSC_0445

登山案内。白山は登山道がいくつもあり、今回は初心者にも上りやすい砂防新道(約6.0km)から上ります。
DSC_0446

別当出合には約15分~20分ほどで着きます。
DSC_0449

ここから登山開始
DSC_0454

鳥居が見えます。登山道は白山比咩神社奥宮までの長い長い参道です。
DSC_0455

午前6時前、登山開始。揺れるつり橋を渡ります。
DSC_0456

つり橋からの眺め
DSC_0457

DSC_0459

いよいよ登山道に入ります。
DSC_0463

40~50分ほどで中飯場(なかはんば) に到着。
トイレや水場があるので小休憩にはちょうどいい場所。
DSC_0464

DSC_0465

登り始めて2時間ほどで新甚之助避難小屋に到着。ここでようやく半分を超えたあたりです。
トイレや小休憩のできるテーブルなどが用意されています。
DSC_0485

ここからの景色

DSC_0470

この辺りまで来ると、雲海が見え始めます。
DSC_0480

DSC_0483

十二曲がり辺りまで来ると、植物が低くなり視界が開けてきました。
DSC_0488

DSC_0490

高山植物
DSC_0495

DSC_0497 DSC_0658 DSC_0499

延命水
DSC_0501

黒ボコ岩
DSC_0503

DSC_0505 DSC_0504

頂上が見えてきました。
DSC_0506

弥陀ヶ原には傾斜がほとんどありませんので、少し楽になります。
DSC_0516

五葉坂 少しずつ頂上が近付いてきます。
DSC_0521

途中の岩に雷が落ちたであろう跡がある岩がありました。
DSC_0522

室堂に到着です。多くの登山者でにぎわっています。
DSC_0526

センターには宿泊施設、売店や食堂などが完備されています。
DSC_0615

ビールなどのアルコールも売っています。
DSC_0614

DSC_0613 DSC_0611

山頂から郵便が送れます。
DSC_0616

DSC_0527

室堂の裏手には白山神社があります。
DSC_0530

DSC_0531

山頂アタックです。荷物などを室堂センターに置いて軽装備で登るのが楽でしょう。
ガスって景色が見えない可能性があるので、10時位までには頂上へ登るのがおすすめです。
DSC_0596

頂上の白山神社奥宮にて参拝。
DSC_0535

御前峰
DSC_0582

登山開始から4時間、標高2702メートルに到達。

DSC_0540

無事登頂できました。

DSC_0576

室堂センターを頂上から。
DSC_0551

大汝峰。雪がチラホラ残っています。
DSC_0562

DSC_0564

頂上からは槍ヶ岳や穂高岳、乗鞍岳、御嶽山など様々な山々が見ることができます。
DSC_0537

DSC_0538 DSC_0539 DSC_0549 DSC_0574 DSC_0575

方位盤
DSC_0591DSC_0590

頂上アタックの後はお昼ごはんです。
DSC_0603

レトルトですが山頂で食べるカレーは格別です。
DSC_0605

山頂付近の雪渓
DSC_0623

クレバスのようになっています。
DSC_0626

自然の風や大気によって不思議な模様の雪渓となっています。
DSC_0644

DSC_0648 DSC_0641

下山します。登りよりも辛いかもしれません。
DSC_0660

杖などがあると楽に下りられるでしょう。
DSC_0662

登り4時間超、下り3時間超という長い長い参道でした。
DSC_0665

DSC_0667

行き来する登山客は中高年の方から小学校低学年ぐらいの小友達も多く、登山初心者でも比較的登りやすい道でした。
ただし下山の終盤で疲労がかなり溜まり、膝が笑っている状態でした。
翌日も筋肉痛、疲労困憊でしたので、登る前には十分な睡眠、登った後には十分な休息を取る事をお勧めします。