海上自衛隊 護衛艦「かが」一般公開@敦賀港 月末は富山伏木港

2019年7月14日(日)~15日(月・祝)、福井県敦賀市の敦賀港にて海上自衛隊の護衛艦「かが」の一般公開が行われています。2年前に金沢港 港フェスタで一般公開されて以来2度目の北陸寄港、福井県には初の寄港です。14日は13:00~16:00、15日は08:30~13:00に艦内の公開が行われます。

「かが」海上自衛隊最大の艦艇で、全長は248m。諸外国ではヘリ空母に相当します。艦名は加賀国が由来です。

7月27日~28日には富山県伏木港でも一般公開を予定しています。

14日朝8時半ごろ、敦賀港 鞠山南岸壁に「かが」が入港。敦賀新港から撮影。

普段は広島県の呉基地を母港としています。(2018年5月撮影@呉基地)

2019年5月には、トランプ大統領がマリーンワンから「かが」に乗艦しました。6月のG20では大阪湾に展開し、警備に当たりました。(2019年5月撮影@横須賀基地)

14日は臨時駐車場がなく、駅前からシャトルバスが運行。駅前の有料駐車場は午前中の時点で、空車待ちの車列ができていました。駅から離れたコインパーキングに車を止めて、自転車で埠頭へ移動してきました。15日はきらめき港館やその周辺に駐車場が用意されていますが、今日の様子を見る限り早々に満車となるでしょう。

埠頭前に入場待ちの長い列。この日9,000人以上が来場したとのこと。埠頭に入るため50分ほど並びました。

埠頭入口での手荷物検査。モデルガンやドローンは当然として、無線機も持ち込めません。航空祭のノリでレシーバーを持ってこないように。

敦賀駅前からのシャトルバスは埠頭の中へ。帰りの時間帯はこちらも列ができていました。

埠頭に入ります。巨大な「かが」の船体が見えてきました。

真横からは、全体は撮影できません。

艦首からは広角レンズをつかって15mmでやっと全体が入ります。

いずも型護衛艦の2番艦。ひゅうがやいせより50メートルほど全長が長く、同時に離発着できるヘリも多くなっています。

マスト

デッキサイドエレベーター

シャッターは空いています。こちらは本日使用しません。

こんどは艦艇に入るための列に並びます。

再度手荷物検査

スロープから「かが」に乗艦

艦長らが出迎えます。

「加賀」の文字が書かれたのれんをくぐります。

かがのエンブレム。加賀藩ゆかりの梅の花や、金箔、加賀友禅などを取り入れたデザインです。

艦内へ

巨大な格納庫。ヘリコプターを最大14機運用できます。

今後は第5世代戦闘機F-35を運用するための改修を受けるとか受けないとか。

短距離離陸垂直着陸(STOVL)が可能なF-35Bを搭載する事実上の空母に改修することで、日本から離れた地でのプレゼンスの発揮が期待されています。(2018年7月撮影@RIAT)

デッキサイドエレベーターを艦内から

艦これの加賀さんや、アニメっぽい絵柄のポスターが目立ちます。

トランプ大統領や安倍総理が演説したところ。記念撮影コーナーになっていました。

巨大な五色のタペストリー

女性自衛官も多数乗艦していますので、艦内には女性用トイレも設置されています。

飛行甲板に上がるには、エレベーターを使用します。今回は士官室の公開はなかったようです。

ヘリコプター用のエレベーターで飛行甲板に。

1分かからず飛行甲板に上がれます。

甲板へ。混雑気味。

艦橋。FCS-3Aレーダーの射撃管制能力省略版であるOPS-50Aを搭載しています。

SeaRAM。今のところいずも型護衛艦にのみ装備。将来30FFMにも装備。

ファランクス

航空管制用のデッキ

下を覗くと乗艦待ちの長い列。埠頭の入口からずっと500メートル以上続いています。16時までの公開ですが、14時過ぎにはもう列を切ったようです。

飛行甲板には艦載機が2機

SH-60J。コックピット展示が行われていました。

SH-60K。「こっちのヘリはプロペラの先が曲がっているのはなんで?」と近くにいた第4護衛隊群 航空幕僚の方が何度も質問を受けていました。

デッキサイドエレべーターを上から

「熱中症対策をしっかりと」と加賀さん

ヘリコプター牽引装置

消防車

IFFの下に海将補旗。第4護衛隊群の司令が乗艦されていると思われます。信号旗は「WELCOME TSURUGA」

ラッパ演奏実演

埠頭ではグッズ販売も行われています。

「加賀」のエンブレムが入った各種グッズ

埠頭から離れて、金ヶ崎城跡近くの駐車場から撮影

敦賀港での展示は15日まで。こののち3日後には青森県の大湊基地へ寄港。19日~20日には小樽港 (北海道小樽市)で一般公開。その後能登半島沖をうろちょろしたのち、7月27日~28日には富山県高岡市の伏木港まつり@富山伏木港で一般公開が行われる予定です。