石川・金沢、富山、福井のオススメイベントや観光地等を紹介するブログ

キゴ山星まつりとペルセウス座流星群の様子

毎年お盆前のこの時期に、多くの流れ星が見ることができるペルセウス座流星群。今年も8月12日(火)夜〜13日(水)の未明にかけて日本の各地でピークを迎え、金沢の夜景展望台の人気スポットの一つである、銀河の里キゴ山でも、多くの見物客で賑わいました。
また同時に、キゴ山星祭りが開催され、周辺は大混雑となっていました。
23時頃のキゴ山でのペルセウス座流星群の様子と、辺り一帯の様子をレポートです。昨年の様子はこちら
結果を先に言いますと、今年はスーパームーンの翌日ということもあり、満月に近い月明かりで23時頃は殆ど見る事は出来ませんでした。
IHK_5555

12日の18:00〜26:00にはキゴ山星まつりが同時開催され、映画の野外上映やプラネタリウム無料上映、星空解説などが開催されたため、展望台の駐車場はこのように満車状態です。
IHK_5565

展望台から徒歩30分ほどの臨時駐車場もこのように満車状態。
IHK_5553

キゴ山と言えば若者に人気の夜景スポットなので、このように夜景は非常にキレイです。
IHK_5566

IHK_5568

星まつりのため、22:00頃までは軽食コーナーが設けられており、星空を見ながら食事を取る事も可能です。
IHK_5558

巨大な天体望遠鏡で観察もできるようです。
IHK_5565

月面の観察など、お子さんから大人まで列を作り見ていました。
IHK_5591

天体望遠鏡を使えば、このように月面が見れるのではないかと思います。
DSC_0044

北東を見てみますが、月がこのように明るく雲もあり、夜景の明かりも影響して普通の星空すら見るのも困難でした。
朝方3時〜4時頃は月かりも落ち着き、多少見る事ができたようです。
夜景の影響を受けるキゴ山よりも、白山麓などの明かりが少ない所の方が見る事ができたかもしれません。
DSC_8322

また展望台周辺はこのように車が往来するため、運転する方も見物する方もお気をつけてお楽しみ下さい。
IHK_5584

Ad

Ad


PAGE TOP ↑