石川・金沢、富山、福井のオススメイベントや観光地等を紹介するブログ

こまつの杜 旧小松工場跡の超大型ダンプ930E&わくわくコマツ館

小松市を拠点に活動していた建設機械大手コマツが、2010年に閉鎖した小松駅前の小松工場跡地にてコマツの広報資料館「こまつの杜」を2011年にオープンさせました。航空プラザ・小松空港と共に乗り物の町コマツというコンセプトの一端を担っており、世界最大級の超巨大ダンプカー930Eの展示や、旧本社を再現した「わくわくコマツ館」などが無料で見学できます。

AAA_0803

JR小松駅の東口周辺がこまつの杜となっています。もとは八日市町地方という町名でしたが、2013年7月に町名自体を「こまつの杜」に変更しました。

駐車場はこまつの杜専用無料駐車場がありますが、2014年1月6日まで利用できませんので、現在は駅周辺の市営駐車場を利用する必要があります。ダンプの運転席試乗は時間が決まっています。事前申込みの必要はありませんが、時間外に訪れると試乗はできませんのでご注意ください。また、荷台を動作させるイベントは毎週水曜と土曜になります。

AAA_0804

敷地内で真っ先に眼に入るのがこの「コマツ電動駆動ダンプトラック930E-2」。高さは7メートル以上あり、3階建ての建物と同じくらいです。ちなみに「930」というのは総重量「930,000LBS(ポンド)」から来ています(改良され現在は更に重さが増えています)。730E、830E、960Eという兄弟機もコマツのラインナップにはあります。

AAA_0806

重さは約500トンあり、積載量はおよそ300トンです。象なら50頭、小学生なら7400人載ります。74式戦車ですら約40トンですから比べるまでもありません。間違いなく公道は走れません。もとものチリの鉱山で運用していた車体を、日本に運んできました。そのままでは運べないので部品はバラバラにし、それでも運べないものは切断されこちらで再結合しました。なおコマツは日本の会社ですが、930Eは日本にはここにしかありません。

AAA_0808

タイヤも巨大です。ブリジストン建設・鉱山車両用タイヤ53/80R63VRPS。外径4メートル、重さ5トンにあります。一般的なバスの高さと同じです。このサイズのタイヤを作れる会社は殆どありません。このタイヤはゴムだけでなく、中にスチールが入っており、丈夫に作られています。

AAA_0807

この930EはGPSと遠隔操作を用いて無人走行も可能で、危険な地域での運転手の命を守ります。この巨体でも60kmで走行できるので、ダンプカー同士がぶつからないように制御しています。またトラックの健康状態をや「稼動状態」を管理できるシステムも活躍しています。このサイズのトラックじゃなくともコマツの製品には「コムトラックス」のような優れたサポートシステムが搭載されていますが、遠隔操作はさすがにありません。

AAA_0809

対人地雷除去機 D85MS-15。コマツのブルドーザーD85EX-15に自体除去用のローターを取り付け改良した機種です。ローターで地雷を採掘・破壊し、ローターによって耕された地面は農地に利用されます。アフガニスタンやカンボジア、アンゴラで活躍しています。

AAA_0828

屋外には歴史的な車両の展示もあります。コマツ最古のホイールローダーJH30BとブルドーザーD50A実験車。

AAA_0831

D50-S 8型ドーザーショベル1号機とD50-2-16号機、トラクターT25。

AAA_0832

敷地内から、建設中のサイエンスヒルズこまつひととものづくり科学館」が見えます。少年たちのものづくり精神を育むことを目的に2014年3月にオープン予定です。日本海側初となる高解像度4Kプラネタリウムなどを上映する立体視型全天周3Dシアターや、科学体験展示ホールなどが設置されます。

AAA_0830

わくわくコマツ館へ。一見レトロな感じですが、コマツの旧本社事務所を復元した建物で屋根は小松瓦を使用しています。旧本社事務所は1930年から1996年までこの地で稼働していました。

AAA_0811

そばにはコマツ創業者竹内明太郎の像。ちなみに吉田茂元総理の兄にあたります。

AAA_0839

中へ入ります。コマツのみならず、建設機械の歴史が解説されたパネルとミニチュア模型が出迎えます。

AAA_0816

レゴブロックが飾られていました。コマツ社員の方が寄贈したものらしく、非売品です。ロンドンオリンピックのメダリスト杉本美香さんのサイン色紙が飾られていました。

AAA_0815

建設機械を製造する上で必要となる技術「プレス加工」や「鋳造」の解説。

AAA_0814

地雷除去用のスーツと地雷の模型展示。アンゴラで実際に地雷を除去する様子を解説したパネルもあります。

AAA_0817

ケンケンキッキファクトリー。

AAA_0818

ギアワールド。建設機械が活躍する現場をポップなジオラマで紹介します。

AAA_0819

地下で働く建設機械。山を掘りトンネルを掘るTBMや、都市部に地下鉄トンネルなどを掘るシールドマシンの模型です。TBM工法とシールド工法は仕組みが異なります。

AAA_0825

外に展示してあるダンプ930Eの兄弟機960Eと、金沢工場で建設している油圧ショベルPC4000の兄弟機PC8000の作業の様子。出前のディスプレイに作業現場の映像が映しだされます。

AAA_0826

3D映像なども組み合わされ、見ていて飽きが来ません。

AAA_0827

パワーラボ。実際に機械や素子に触れて油圧の原理や熱電素子、歯車の仕組みを学びます。

AAA_0820

このレバーを操作すると、目の前のキャタピラが動作します。

AAA_0821

ペルチェ素子の実演。スイッチを押すと、素子が熱くなったり、冷たくなったりします。

AAA_0824

知のコクーン。建設機械や里山に対するクイズを楽しめます。

AAA_0823

ブレードシアター。930Eの3D映像やコムトラックスなどの映像を楽しめます。

AAA_0822

この他2階にはワークショップや、敷地内には加賀の自然を体験できる「げんき里山」など子どもたちが楽しめる施設が充実しています。ひととものづくり科学館オープン時には大混雑が予想されるので、事前に訪れてみてはいかがでしょうか。

Ad

Ad


PAGE TOP ↑