石川・金沢、富山、福井のオススメイベントや観光地等を紹介するブログ

越中八尾 おわら風の盆

公開日: : 富山市 , ,

富山市の八尾地区にて毎年9月1日から3日にかけて行われる、おわら風の盆は300年以上の歴史を持ち、毎年20万人以上が訪れる富山県を代表するお祭りです。おわら風の盆は、無言の踊り手たちが情緒豊かに洗練された踊りを披露する気品高いお祭りのため、踊り中は観客たちも心静かにその洗練された踊りに魅了されます。会場の様子や駐車場などの情報をレポートします。

IH2_0298

会場は富山市の八尾地域。会場周辺は入り組んでおり、駐車するスペースも全くないため、会場へはシャトルバスでの来場が必要です。自家用車で来場する場合は、八尾スポーツアリーナ駐車場に停めそこからシャトルバスを利用する必要があります。スポーツアリーナ駐車場は5時ごろ満車となり、スポーツアリーナから少し離れた、八尾生コンの駐車場へ停めるなどの必要があります。公共交通機関ご利用の場合は、JR高山本線の越中八尾駅を利用します。

こちらは八尾生コン駐車場。18時半ごろにはこちらも満車となります。

IH2_0186

駐車場周辺は車列ができます。

IH2_0187

スポーツアリーナ駐車場には県内外のナンバーが目立ちます。

IH2_0190

シャトルバスは常時ピストン輸送を実施しています。19時ごろにピークとなり、400mほどの列になります。

IH2_0191

約40分ほど並びようやくシャトルバスへ乗ることができました。

IH2_0193

乗車直前に交通整理料として自家用車1台につき1,000円を払います。

IH2_0194

バスで15分ほどで八尾地区へ。

IH2_0195

通りは観光客で大混雑しています。

IH2_0197

町の中には、飲食店が屋台などを出店しています。焼き鳥の名門秋吉も出店。

IH2_0200

タウンマップ

IH2_0202

風の盆の行事を行なっているのは、「東町・西町・今町・上新町・鏡町・下新町・諏訪町・西新町・東新町・天満町」の10の旧町内とそれらの旧町内外から移り住んだ人たちからなる「福島」の計11団体。

IH2_0219

おわら踊りの継承に大きく貢献したのが、日本舞踊の流派のひとつである若柳流(わかやぎりゅう)であり、女踊り(四季踊り)は、ひがし茶屋街の芸妓がルーツとなっているとか。

IH2_0231

そのため、金沢のひがし茶屋街でも毎年、金沢・浅の川園遊会 八尾おわら流しが行われます。

IH2_0237

衣装は男性踊り手が法被

IH2_0246

女性踊り手は浴衣姿です。

IH2_0292

IH2_0344

編笠を被り、顔を隠して踊ります。これはかつて手ぬぐいで顔を隠して踊っていた名残のようです。

IH2_0318

IH2_0338

観客の皆さんが熱心に写真を撮っていました。会場が暗いので、スマホやコンデジでの撮影は難しめ。フラッシュは踊りの妨げになりますので厳禁です。記事内の写真は一眼レフカメラを使用し、F2.8 SS1/50sec ISO3200~6400の設定で撮影しています。

IH2_0298

おわら節に合わせて、三味線や太鼓、胡弓の音が響きわたります。

IH2_0362

IH2_0363

会場は人が大勢いますが、係員より静粛にとの声がかかりますので、静かに踊りを見ることができます。

IH2_0369

日本の道百選通りも大変な人出となります。

IH2_0381

風情残る街並みと相まってとても雰囲気があります。

IH2_0391

沿道の人だかりも身動きが取れないほど。

DSC_1935

DSC_1943

来場層は比較的ご年配の方やご夫婦などが多い印象でした。

DSC_1950

踊りについて回る見物客で通りは入り乱れています。

DSC_1952

お帰りの際もシャトルバスを利用する必要があります。シャトルバス待ちの列も数百メートルほど並ぶことになります。

IH2_0395

並び始めたのが9時ごろで、シャトルバスの発着所のスポーツアリーナに着く頃には10時ごろでしたので、お帰りの際は1時間ほどの余裕を持っておきましょう。

IH2_0396

長年続くお祭りですので、誘導や駐車場の案内などしっかりとしているため、迷うことなどもありませんが、時間の余裕を持って行動することをお勧めします。

Ad

Ad


PAGE TOP ↑