石川・金沢、富山、福井のオススメイベントや観光地等を紹介するブログ

300万本のチューリップが咲き誇る となみチューリップフェア2016

公開日: : 最終更新日:2016/05/05 砺波市 , ,

2016年4月22日(金)~5月5日(木・祝) の期間、富山県砺波市のチューリップ公園では、毎年恒例のとなみチューリップフェアが開催されています。毎年県内外から数万人が訪れるこのイベントは富山を代表するイベントです。

残念ことに今年は春の訪れが早く、イベント前半が見頃のピークだったようです。しかし、フラワーヒル「花の大谷」など雪の大谷をイメージした新しい花壇も増えており会場はたくさんの来場者で賑わっていました。
DSC_7042

入園料は大人(高校生以上)1000円、小人(小・中学生)300円、小学生未満は無料です。
DSC_6950

開園時間は8時30分~17時30分まで(最終入園は17時まで)
駐車場はチューリップ公園近くに看板などが立っていて、迷う事はありませんが、ゴールデンウィーク期間中は大変混雑します。ある程度は覚悟しておきましょう。基本的に駐車場は一日一律¥500です。駐車代は駐車場に立っている係員に先払いです。
DSC_6949

入場します。
DSC_6951

DSC_6952

東門近くには、700種もの品種が植えられた花壇が見る事が出来ます。
DSC_6954

ただGW序盤ですでに見頃は終わっていました。

DSC_6955

咲いているチューリップも終わり間近です。

DSC_6956

刈り取りが目立ちました。

DSC_6958

東門近くにはふわふわがあり、お子さんが遊べるようにもなっています。

DSC_6953

チューリくんとリップちゃんも園内を散策しています。

DSC_7006

軽食コーナーや球根の販売なども

DSC_6960

DSC_7001

DSC_7007

花壇やプランター作品展がずらりと並びます。

DSC_6959

優秀賞や最優秀賞などが展示されています。

DSC_6962

園内にある、恋する2人のドリーム花壇にはハート型の花壇や、

DSC_6967

恋の神様「こいっぴ」にお参りできる社も。

DSC_6969

絵馬も購入できます。
DSC_7078

願い事が触るところによって変わるようです。

DSC_6973

水上花壇です。 水面に移るチューリップが見ごたえあります。独自の技術を使った花壇だそうです。

DSC_6974

DSC_6977

本部近くではチューリップバスケットの作成ができます。

DSC_6985

ただし遅い時間だとバスケットが売り切れで、作成できない可能性がありますのでご注意ください。

DSC_6984

好きなチューリップの花を選びバスケットに刺していきます。

DSC_6980

DSC_6979

DSC_6982

公園中央のチューリップタワーには、上から花壇を見ようとたくさんの行列がついています。

DSC_6988

混雑を避ける場合はこちらのパノラマテラスからも上から花壇を見ることができます。

DSC_6992

混雑はしていません。

DSC_6995

チューリップタワーも写真におさめることができますので、オススメです。

DSC_6994

DSC_6998

地上絵花壇はGW終わり頃まで見頃です。

DSC_7002 DSC_7005

DSC_7017

DSC_7025

DSC_7065

DSC_7066

DSC_7067

今年の見所は、富山を代表する観光スポットの「雪の大谷」をイメージした「フラワーヒル ~花の大谷~」です。

DSC_7027

プランターが斜めに置かれています。そのためチューリップが下向きになっています。

DSC_7028

チューリップの壁ができています。

DSC_7042

DSC_7034

DSC_7043

DSC_7052

写真を撮る方々で賑わっていました。

DSC_7048

DSC_7062

園内には珍しい品種のチューリップも多数あります。

DSC_6966

DSC_6968

Ad

Ad


PAGE TOP ↑