石川・金沢、富山、福井のオススメイベントや観光地等を紹介するブログ

スカイフェスとなみバルーン大会2015

公開日: : 最終更新日:2015/10/21 砺波市 , , ,

10月10日~12日、富山県砺波市の中村多目的運動広場にて全国の熱気球愛好家が集う「スカイフェスとなみ」が開催中です。チューリップに並ぶ砺波の名物で、砺波の空を色鮮やかな熱気球が彩りました。10日大会初日の様子です。

DSC_1921

会場のチューリップ公園そばの中村多目的運動広場へ。隣に駐車場があります。当然大会に参加する選手がメインのイベントですが、選手の邪魔にならない範囲であれば会場のグラウンドに入ってバルーンを見ることができます。

IHK_9706

朝6時半頃。会場では選手のブリーフィングが行われていました。バルーンのチェイスカーやそれにつながったバスケットが並びます。右の列は体験係留の整理券配布列。10日、11日は体験係留も行われ、一般の人でもバルーンに乗せていただくこともできます(500円)

IHK_9708

まず、紅白カラーの大会公式バルーンが立ち上げられます。

DSC_1806

バルーンにも様々な競技があり、今回行われるのはうさぎ狩り(Hare and Hounds)という競技。

DSC_1814

大会スタッフのバルーンが先に出発。そのバルーンがしばらくしてマーカーを地面に落とします。選手のバルーンは5分後にそれぞれ出発し、大会のバルーンが落としたマーカーからどれだけ近くに自分のマーカーを落とせるかを競う競技になります。

DSC_1825

選手のバルーンも一斉に立ち上げ準備が進められます。

DSC_1818

バルーンは高さの調整はできますが、進路は基本的に風に流されるまま。

DSC_1832

できるだけ同じ風向きの時に離陸したほうがいいのか、バルーンが密集します。

DSC_1894

DSC_1869

扇風機で風を送って膨らませ、バーナーで空気を温めます。

IHK_9727

他のバルーンも起き上がります。

DSC_1840

IHK_9814

紅白のバルーンが出発しました。

DSC_1844

今回参加する機体は29機

DSC_1841

北は東北、南は九州から集まったそうです。

DSC_1847

いざ離陸すると、結構なスピードで上がっていきます。バルーンが離陸すると、チェイスカーと呼ばれる車(ハイエースやキャラバン)もバルーン回収のため追いかけます。

DSC_1937

朝7時半頃の様子。風が弱い早朝の時間を狙って、バルーン競技は行われます。

DSC_1856

何機ものバルーンが立ち上がる様子は見応えがあります。

DSC_1899

高さは20メートルくらいあります。

IHK_9786

重さは250kg

IHK_9763

カメラのサンプルのような写真が取れるということもあり、大勢のカメラマンが集まっていました。

DSC_1917

うっすらと雲がかかっているのが残念なところ。

IHK_9759

1機にのる人数は1~数人とバラバラでした。

IHK_9782

ちなみにこのバルーンのお値段、1機150万円~350万円にもなるとのこと。

DSC_1858

バルーン以外にも、車の購入費なんかも必要なんだそうです。

DSC_1893

イベントなんかだといろいろな形のシェイプドバルーンなんかが目立ちますが、この大会に参加するバルーンは一般的な形のもののみ。

DSC_1890

大空にバルーンが無数に浮かぶ様子。

DSC_1925

砺波のあちこちから、この様子は見ることができます。

IHK_9792

わりと長いこと飛んでいました。ボンベ1本で30分~40分飛べて、それを3~4本積みこむそうです。

IHK_9796

すべてのバルーンが離陸した後、体験係留が行われました。

IHK_9812

バルーンはこのあと田んぼに着地します。

IHK_9772

そのため稲作してない4月と10月にこの大会は行われます。

IHK_9800

このイベント、12日まで続きます(12日はフリーフライト)。体験係留は11日まで。

DSC_1903

朝8時までには体験係留の機体以外は全部離陸してしまうので、密集する様子を見たい場合は早起きしましょう。

DSC_1882

Ad

Ad


PAGE TOP ↑