石川・金沢、富山、福井のオススメイベントや観光地等を紹介するブログ

高岡万葉まつり「万葉集全20巻朗唱の会」と天の川プロジェクト「夕星」のコラボレーション

2014年10月3日から5日の3日間、富山県高岡市駅前の高岡古城公園にて「高岡万葉まつり 万葉集全20巻朗唱の会」が開催中されています。
万葉集に深く関わった大伴家持が高岡に在任していたことから、現在でも高岡は万葉の里と呼ばれています。3日間かけて万葉集集全20巻の4516首を公募した朗唱者がリレー方式で唄い続けます。また今年で3回目を迎える天の川プロジェクト「夕星・ゆふづつ」も3日と4日に行われ、高岡古城公園の御壕(おほり)は、「いのり星(r)」で埋め尽くされました。その様子です。

DSC_0089


会場案内看板
DSC_2547

DSC_2701

会場案内図。駐車場は臨時駐車場を含め無料で2カ所あるようです。
DSC_2689

奈良時代の衣装を着込んだ参加者たちが万葉集をうたい続けています。
DSC_0044

このように御壕の水面にステージが設置され、3日間でおよそ2000人が参加します。
DSC_2556

一般参加者や、企業・団体なども参加し、万葉のふるさとづくりに貢献しています。
朗唱者としての参加は無料ですが、この衣装を着るには200円が必要です。
DSC_0042

記念写真用の撮影スペースもあります。
DSC_2687

園内は燈火の路として燈籠やイルミネーションが設置されています。
DSC_2664

DSC_0105

DSC_2653

梅園の梅の木にもランタンが吊るされてます。
DSC_2659

会場内には、万葉集の歌が。
DSC_2662

DSC_2693

万葉集が歌われているステージ近くの桟橋から、天の川プロジェクト「夕星・ゆうづつ」を見ることが出来ます。
DSC_2563

幻想的な光が御壕を埋め尽くします。
DSC_0052

DSC_0055

18時頃から放流が始まり、21時頃まで見ることが出来ます。
DSC_0089

御壕を囲むようにキャンドルが設置されています。
DSC_0090

DSC_2643

DSC_0099

DSC_2573

DSC_2622

御壕全体。約3000個の青色LEDボールが放流されています。夜空に輝く星、天の川をイメージしています。
DSC_2611

DSC_2627

DSC_2641

全国各地で開催されている天の川プロジェクト。みんなの”思い”が、光り輝く天の川となります。
DSC_2589

こちらがLEDボール。思ったよりも小さいです。
DSC_2590

見応えがあります。
DSC_2598

万葉集の歌と幻想的なイルミネーションで大変見応えのあるイベントにも関わらず、来場者は地元民が多く混雑は殆どしていませんでした。
DSC_2608

会場内には飲食ブースも設けられています。
DSC_2679

DSC_2681

DSC_2682

DSC_2683

朗唱者受付。こちらで受付を行います。
DSC_2686

DSC_2684

平日ということもあってか人出は少なく、駐車場なども混雑はしていませんでした。
環水公園の環水公園スイートイルミネーション アマノガワは比較的浸透してきているようですが、幻想的で見応えがありますので、カップルを始めご家族などで楽しんみてはいかがでしょうか。

また2014年10月25日(土)には環水公園スイートイルミネーション アマノガワが予定されています。

Ad

Ad


PAGE TOP ↑