石川・金沢、富山、福井のオススメイベントや観光地等を紹介するブログ

ハイブリッドトラム記念 万葉線 電車フェスタ

公開日: : 高岡市 ,

高岡駅から新湊まで運航する路面電車「万葉線」で試験運転が行われる車両「ハイブリッドトラム」の記念式典と車両基地の一般公開が7月21日に開催されました。カラフルな路面電車が並んだ車庫の様子を紹介です。

IHK_2421

車両基地には駐車場が無いので万葉線に乗って来てくださいとのことなので、海王丸パークフェスティバルの会場から万葉線で向かいます。ちなみに土日祝は新湊出身の落語家「立川志の輔」のアナウンスが流れます。

IHK_2414

万葉線本社に隣接する米島口(アルビス米島店前)へ。

IHK_2472

帰りの電車のタダ券が貰えました。

IHK_2481

駅から米島車庫まで徒歩0分です。

IHK_2448

新旧車両が並びます。

IHK_2466

デ7070形、MLRV1000形、ハイブリッドトラムです。

IHK_2455

LH02形 “Hi-tram(ハイ!トラム)”。架線と車載蓄電によるハイブリッド電源型電車です。架線からの送電とバッテリーの両方で走ることができるので、レールをつなげば電化されていない氷見線なんかも直通運転が可能です。車体に書いてあるとおり「NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)」が主導となった研究です。

IHK_2425

路面電車の最高速度は40km/hと法律で制限されているそうですが、80km/hは出せるとのこと。フル充電したバッテリーで走行する場合、鉄道線で50kmの距離を走ることができるそうです。

IHK_2435

車内はこんな感じ。

IHK_2429

GPSの画面と、エネルギー表示の画面

IHK_2469

運転席。

IHK_2471

隣のドラえもんトラムを見てみましょう。

IHK_2457

ドラえもんの作者「藤子・F・不二雄」が高岡市出身なので、この特別塗装。

IHK_2433

車内もドラえもんづくし

IHK_2436

MLRV1000形の運転席

IHK_2438

運転席には可愛らしいドラえもんの人形がありました。

IHK_2439

整備工場

IHK_2431

会場はドラえもんトラム風のミニSL

IHK_2447

ドラえもんトラム記念グッズ

IHK_2449

北陸新幹線開業PR。新高岡駅。

IHK_2450

帰りもまた万葉線に乗って、海王丸パークフェスティバルの会場へもどりました。

IHK_2478

ハイブリットトラムの走行は8月13日まで続きます。

IHK_2441

Ad

Ad


PAGE TOP ↑