石川・金沢、富山、福井のオススメイベントや観光地等を紹介するブログ

クルーズ船 ダイヤモンド・プリンセス 船内見学会 富山伏木港

公開日: : 最終更新日:2014/06/15 高岡市 , , , , ,

4月29日、富山県高岡市の伏木港に超巨大クルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」が入港しました。歓迎イベントや船内見学が行われたのでその様子をレポートです。

IHK_4853

伏木港には過去に「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」という大型の豪華客船が寄港したことがありますが、今回のダイヤモンドプリンセスもそれに迫るサイズです。

IHK_4887

IHK_4909

全長290メートル、総トン数11万トン超えです。去年から日本に就航しているサン・プリンセスよりも大型になっています。

IHK_4905IHK_4890

今回は「ゴールデンウイーク 日本周遊と釜山」というクルーズの一環で富山に訪れ、前日まで青森にいました。

IHK_4865

高岡市の職員?らが乗客に富山の記念品を渡しています。

IHK_4861

下船した乗客は白川郷や五箇山、たぶん立山アルペンルートや砺波チューリップフェアなんかに訪れたんだと思います。

IHK_4864

ふ頭には、富山のご当地品や観光地を紹介するコーナが。Free WiFiスポットもあります。

IHK_4859

各種お土産。ケロリンなんかも売ってました。

IHK_4860

各種富山を周るオプションツアーや高岡駅とのシャトルバスも。

IHK_4857

レンタリサイクルもあります。

IHK_4934

このふ頭や、駐車場を利用できるのは「伏木港クルーズ客船歓迎クラブ」のみ。非会員はフェンス越しになります。現在400人ほどの会員がいるようですが、無料で船内見学の案内が届いたりふ頭への立ち入りができるので皆様是非登録しておくのをおすすめします。

IHK_4850

フェンスからだとこんな感じ。

IHK_4870

会場では、伏木高校の生徒らがボランティアでお手伝いをしています。

IHK_4898

万葉衣装に身を包んでいました。

IHK_4882

この衣装、ここで着付け体験ができます。

IHK_4879

高岡市のマスコット利長くんも登場

IHK_4937

入港記念セレモニー

13時より富山県知事や高岡市長、富山の国会議員、ダイヤモンドプリンセスの船長らで式典。

IHK_4894

伏木港へ訪れたことを記念するプレゼントを贈呈していました。

IHK_4915

高岡市消防音楽隊らによる演奏。

IHK_4873

船内見学

同じプリンセスクルーズが保有するサン・プリンセスとほぼ同じです。船内見学は前記した伏木港クルーズ客船歓迎クラブからの抽選や、地元高岡市民ら限定の抽選、マスメディア、JTB経由での申し込みをされた方、200人を対象に行われました。ふらっといっても参加できませんのでご注意ください。

IHK_5008

免許証もしくはパスポートを預け、乗船に必要なバーコードが記載されたカードを受け取ります。

IHK_4924

3グループに別れての見学。時間は1時間半ほどで、自由時間はありません。

IHK_4938

タラップを上がります。このあと空港の保安検査場にあるような金属探知機と手荷物検査をうけます。こちらは撮影禁止。

IHK_4940

プリンセスクルーズの日本法人「カーニバルジャパン」のお姉さんが案内してくれます。その他高岡市の職員らが同行します。まずは天気が悪くなる前にエレベーターで14階へ。

IHK_4943

屋上にはジャグジー付きのプールがあります。

IHK_4948

クルーズに出ると360度すべて海になり、絶景だそうです。風を受けると寒いため、ジャグジーもあります。湯気出てます。

IHK_4981

ムービーズアンダースター。ちなみにスクリーンの裏はゴルフ場です。

IHK_4957

プールの横ではピザやステーキを販売しています。乗客は無料ですが、船内見学者はもちろん食べられません。

IHK_4958

バーカウンター。

IHK_4959

日本クルーズではメニューに日本語表記が追加されました。それでもアメリカの船なので、日本だけを回ることはできないため韓国の釜山に立ち寄ります。

IHK_4960

こちらはスイーツ

IHK_4963

テーブルは綺麗にセットされています。触らないようにという指示がありました。

IHK_4964

ちなみにこの14階から会場を見るとこうなってます。

IHK_4952

このフロアにはもう1つ屋内プールがあります。

IHK_4966

屋根は開閉式

IHK_4965

レストラン「ホライゾンコート」へ入ります

IHK_4969

乗客は無料でバイキングを楽しめます。

IHK_4970

むちゃくちゃ美味しそうですが、食べないでくださいと念を押されました。

IHK_4974

IHK_4973

ティーンラウンジ。10代専用のラウンジだそうです。

IHK_4977

ダイヤモンドプリンセスの日本就航に合わせて設置された洋上最大の大浴場「泉の湯」。残念ながらこの班は見学は無し。足湯やサウナ、打たせ湯なんかがあり、有料の予約制となっています。

IHK_4978

デッキを歩きます。上を見上げるとダイヤモンドプリンセスの文字とプリンセス・クルーズのロゴ。シーウイッチと呼ばれる女性の横顔を模したロゴで、船の守り神になっています。

IHK_4979

という話や、クルーズのおもしろ話をしてくださいます。

IHK_4980

再び船内へ。本当に広いので迷子になりそうです。とても1時間半では回りきれません。なお客室はすべて満室なため見学はできませんでした。

IHK_4983

スパやエステ、フィットネスジムがあります。船内ほとんどのレストランが無料なため、どうしてもクルーズ中に太ってしまうとのこと。そんなこともあろうかと無料のフィットネスジムが用意されています。サン・プリンセスの船内見学の際にも同じような話しを聞いたので本当によくある話なんだと思います。

IHK_4984

2週間ほどのクルーズではドレスコードの日が2日ほどあるため、美容室も用意されています。

IHK_4985

下のフロア、7階へ。

IHK_4986

映画館「プリンセスシアター」。

IHK_4991

実際に映画を上映していました。700人ほど入れます。真っ暗だったためぶれぶれです。すいません。

IHK_4988

ホイールハウスバー。ホイールとは舵輪のことです。

IHK_4990

IHK_4996

デッキへ。

IHK_4993

アメリカの会社が運営するイギリス船籍の船ですが、製造したのは三菱重工の長崎造船所。有名な話ですが、当時製造中だったダイヤモンドプリンセスで火災が発生。納期に間に合わないため、同型艦のサファイア・プリンセスをダイヤモンドプリンセスとして改修。今乗っているダイヤモンドプリンセスは本来サファイア・プリンセスになるはずだった船です。

IHK_4994

家具や内装も日本のホテルオークラが監修しているため、日本人にとってはなじみやすくなっているそうです。

IHK_4997

アトリウムを通り抜けます

IHK_5004

ダイヤモンドプリンセスのロゴが入ったグッズが売ってました。

IHK_5001

免税店。日本の海域を離れると営業します。カジノも同様。今回カジノは見学できませんでした。

IHK_5007

ブランド品や宝石が並びます。

IHK_5006

エクスプローラーズラウンジへ

IHK_5012

作りはほとんどサン・プリンセスと同じです。

IHK_5013

シャル・ウィ・ダンスの影響か日本人にはダンスが人気だそうで、ここでショーも。

IHK_5011

IHK_5003

IHK_5028

寄港先での写真をこちらで販売。

IHK_5015

そのほかドレスコードした際の記念撮影も受け付けているそうです。

IHK_5022

その他カメラも売ってます。

IHK_5018

大浴場と同様、日本就航に合わせて設置された寿司屋「海(かい)」

IHK_5016

サン・プリンセスで人気だったため、ダイヤモンドプリンセスでは更に大きな店舗として寿司屋を用意しました。こちらは有料です。1貫3ドルから

IHK_5019

イタリアンレストラン「サバティーニ」

IHK_5021

パネルが並んでいますが、寄港先の年から記念に贈呈されたものを展示しているそうです。こちらはごく一部。入港セレモニーで富山知事がダイヤモンドプリンセス館長に渡していたものも、こちらに飾られることになるそうです。

IHK_5024

クラブフュージョン

IHK_5026

あちこち行き来するので、本当に迷子になりそうです。とか言ってたら本当に迷子が出ました。30人ほどのグループで回っていたのですが、1人途中で消えたことが判明。スタッフが探しに回ってました。お陰で見て回る時間が減りました。

IHK_5027

アトリウムを抜けて下船になります。ここではクルーズ2日目に館長主催のウエルカムパーティが行われ、シャンパンタワーで船が全く揺れないことをアピールします。

IHK_5034 IHK_5032 IHK_5029

ダイヤモンドプリンセス、富山への入港は今年もう予定されていませんが、金沢港には4回の入港が予定されています

IHK_5035

出港セレモニーの様子は次の記事

Ad

Ad


PAGE TOP ↑