石川・金沢、富山、福井のオススメイベントや観光地等を紹介するブログ

宇出津 あばれ祭 キリコの大松明乱舞

公開日: : 能登町 , ,

7月1日(金)~2日(土)、能登町の宇出津で「あばれ祭」が開催中。大小あわせて約40基のキリコが2日間、宇出津地区の町中を練り歩きます。

1日目のクライマックスとなる大松明乱舞の様子です。

DSC_9538

祭りのパンフレットとスケジュール。町中心部は交通規制がかかり、周辺に駐車場が用意されています。

IH2_2699IH2_2701

1日目の夜9時ごろ、大松明乱舞の会場となる能登町役場前の宇出津港いやさか広場へ

DSC_9491

午後2時ごろからキリコ巡行が始まり、町内全域をキリコが練り歩きます。

IH2_2648

そのキリコが、1日目のクライマックスとしていやさか広場へ集まります。

IH2_2643

広場には大きな松明が何本も立てられています。

DSC_9554

燃え盛る松明の周りを、キリコを担いで乱舞します。

DSC_9559

IH2_2582

DSC_9548

この祭りの見どころということもあり、広場には多数の地元民や観光客が集まります。

DSC_9562

IH2_2627

石崎奉燈祭と違い広い場所での乱舞となるため、キリコの様子を見物しやすく、安全です。

IH2_2683

IH2_2684

IH2_2686

この祭りのキリコの大きさは、高さが7~10メートル。

DSC_9497

IH2_2616

重さは1~2トンにもなります。

DSC_9520

各町会でキリコを保有し数は40基にも上ります。

DSC_9566

県外などへ出て行った町の若者も、この祭りのために地元にもどってきてキリコを担ぎます。

DSC_9637

200種類以上もあるといわれている能登のキリコ祭りのなかで、もっとも有名な祭りの1つです。

IH2_2588

激しく燃え上がる松明の周りを練り歩くキリコの様子は、迫力があります。

DSC_9589

IH2_2566

松明の勢いがかなり激しいので、火の粉を浴びながらキリコを担ぐことになります。

DSC_9550

DSC_9574

DSC_9568

DSC_9570IH2_2575IH2_2602

火の粉や灰は観客のほうにまで降ってきます。

DSC_9586

この祭りでは女性もキリコを担ぎます。

IH2_2650

男性は法被を着たりさらしをまいたりしています。さらしを胸の周りに巻いて、へそ出し状態の女性も多数。

IH2_2723

キリコの担ぎ手は、座布団を肩にあてキリコを支えます。

IH2_2574

キリコには子供たちが乗り、鐘や太鼓、笛を鳴らします。

IH2_2570

IH2_2554IH2_2617

いやさか・よっせ、さかよっせの掛け声と、笛の合図でキリコを操ります。

DSC_9494

DSC_9523

DSC_9532

会場の周辺には祭りの露店も多数。この狭い道もキリコが練り歩きます。

IH2_2639

徐々に松明の数が増えていきます。

IH2_2593

火の勢いも増していきます。

IH2_2604

観客側まで熱が伝わってきます。

IH2_2595

IH2_2596

IH2_2605IH2_2615

会場の熱気も冷めません。

IH2_2619

IH2_2641

IH2_2666

IH2_2667

IH2_2681

IH2_2691

夜11時ごろまで、松明乱舞は続きました。

IH2_2694

IH2_2696

IH2_2715

IH2_2727

乱舞を終えたキリコが各町に帰っていきます。翌日も続きます。2日目は神輿が水中や火中に放り込まれます。

IH2_2735

Ad

Ad


PAGE TOP ↑