石川・金沢、富山、福井のオススメイベントや観光地等を紹介するブログ

七尾市 青柏祭 でか山の引き回し

公開日: : 七尾市 , ,

5月3日~5月5日、石川県七尾市で恒例の青柏祭(せいはくさい)が開催されました。100年以上続く伝統行事です。でか山と呼ばれる巨大な山車が七尾市内を練り歩きました。3日目の様子です。

IHK_6406

市内数カ所に臨時駐車場が設けられていました。どこの駐車場も空車待ちの車列。七尾四大祭の一つでゴールデンウィーク期間中の開催ということもあり、のと里山街道が渋滞してました。

IHK_6634

能登食祭市場からJR七尾線七尾駅までの区間が歩行者天国になり、多数の出店が出ています。また、でか山が通れるように信号機などが外されています。

IHK_6301

青柏祭運行図。でか山は3つあり、それぞれ運行する時間が異なります。

IHK_6522

威勢のいい掛け声とともにでか山が現れました。

IHK_6319

魚町の山車です。

IHK_6375

高さ12メートルにもなります。

IHK_6335

車輪の直径も2.1メートル。

IHK_6341

重さ20トン。日本一の曳山です。

IHK_6347

人形で豪華な装飾が施されています。

IHK_6363

人形は利家とまつ

IHK_6389

進行方向をずらすために、車輪の下に板を入れて少しずつ向きを変えます

IHK_6377

山車の手前で引くのは地元の方々

IHK_6378

地元の住民だけでなく、観光客らも参加してでか山を曳けるのも青柏祭の特徴の一つ。曳けば商売繁盛に繋がるとも言われています。

IHK_6327

3つの町それぞれでマークが異なります。

IHK_6384

こちらは鍛冶町の山車

IHK_6410

山車の形自体に大きな違いはありません。

IHK_6398

人形やマークが異なります。

IHK_6415

こちらの人形は安宅の関での勧進帳のエピソード。

IHK_6420

子どもさんたちも乗ってました

IHK_6412

こちらは府中町の山車。

IHK_6436

人形は豊臣秀吉。

IHK_6448

IHK_6480

能登食祭市場から七尾駅に向けて町中を進みます

IHK_6445

マイクを使ってわっしょいわっしょいと掛け声をかけながらの進行。

IHK_6458

IHK_6470

IHK_6440

IHK_6497

木遣り台から木遣衆が、五色紙彩を振って音頭を取ります。

IHK_6494

駅前に、3台のでか山が並びました。

IHK_6499

よさこいソーランなどのパフォーマンスも開催。

IHK_6519

仙対橋での辻回しの様子です。大勢の観光客が集まりました。

IHK_6536

長さ8メートルのテコ棒をでか山の胴体下に入れます。

IHK_6542

1人が乗って足場を組みます

IHK_6551

IHK_6556

若衆が並びます。

IHK_6567

IHK_6570

木遣り唄を歌いながら、テコの原理でデカ山を浮かせます。

IHK_6572

重さ20トンにもなるデカ山が揺れ動く様子は見応えがあります。

IHK_6574

息ピッタリ

IHK_6582

回転するための車輪が付けられました。

IHK_6590

綱を引っ張り向きを変えます。

IHK_6599

IHK_6611

90度ぐるっと回りました。

IHK_6619

回転用の車輪を外すために、再び若衆がテコ棒に乗ります。

IHK_6623

IHK_6624

でか山が橋を渡ります。

IHK_6632

IHK_6476

泰平橋周辺に3台集まりました。

IHK_6656

IHK_6674

七尾市長による挨拶

IHK_6675

IHK_6676

狭い町中を進む様子

IHK_6680

電線等がぶつからないように予め高い位置に配線されています。

IHK_6681 IHK_6682 IHK_6690

ここから、3台のでか山はそれぞれの町に戻ります。

Ad

Ad


PAGE TOP ↑