石川・金沢、富山、福井のオススメイベントや観光地等を紹介するブログ

尾小屋鉱山資料館・尾小屋マインロードで鉱山探検へ

江戸時代1680年頃より金の採掘が行われ、明治初期より銅山として採掘を開始し一時期日本最大の銅の生産量を誇った小松市の尾小屋鉱山資料館、並びにかつての坑道を見学できる尾小屋マインロードのご紹介です。かつての貴重な資料や採掘の様子が展示されていたり、鉱山内部を見学できる貴重な施設です。

DSC_0095

 尾小屋鉱山資料館

大倉岳高原スキー場へ向かう道の途中に小松市立ポッポ汽車展示館がありますが、そのすぐ近くに尾小屋鉱山資料館があります。関連深い施設なので、ここに訪れたなら一緒に見学するといいでしょう。ここから大倉岳へ登山することもできますが、ここの駐車場は資料館見学者のためのものなので登山客は利用できません。 入場料は500円。ただしこの日は小松市立ポッポ汽車展示館でキハ3の公開運転が行われており、来場者が多数いたためか無料開放していました。ですが500円払う価値はあります。

AAA_9751

入り口にはかつて繁栄を誇った尾小屋鉱山の写真と、岩石。山肌を切り開き鉱山関係の施設が点在していましたが現在は見る影もありません。軍艦島のようです。尾小屋での銅鉱の採掘は天和2年(1682年)にはすでに行われていたと記録が残っています。明治13年(1880年)には正式に採掘が始まりましたが、300年続いた鉱山も昭和37年(1962年)に閉山となりました。

AAA_9752

手前に並ぶ岩石は銅の元になる「黄銅鉱」や「方鉛鉱」「硫化鉄鉱」など。

AAA_9759

合掌枠のレプリカをくぐり、展示施設に進みます。

AAA_9757

岩肌を再現した壁と、採掘に使っていた道具の展示。

AAA_9760

採掘の様子が当時の写真で展示されています。

AAA_9762

展示施設内部の様子。ここ尾小屋鉱山で採掘された鉱石や尾小屋鉱山の歴史、各種資料が展示されています。

AAA_9763

それぞれの鉱石を、実際に手にとって見ることができます。

AAA_9765

採掘技術の紹介。探鉱、採掘、支保、運搬、排水、照明、送風など各種工程の説明があります。トンネルを掘るのと似ています。

AAA_9770

坑道の全体像模型。縮尺は1200分の1ですが巨大です。この山の中にとんでもない地下トンネルが蟻の巣のように広がっていることがわかります。総延長は160キロメートルと、東京メトロ 194.6km、都営地下鉄 106.7kmに匹敵する長さです。最上部の坑道から最下部まで700メートルの落差があります。坑道同士をつなぐ立杭も10箇所あり、地下から地上に鉱石が運ばれます。

AAA_9773

地質・鉱脈。断面図があり、坑道が何層にもわたって掘られているのがわかります。

AAA_9774

削岩機。これで岩を砕きます。

AAA_9775

選鉱。構内で採掘した鉱石を、鉱物の混ざっている精鉱と廃石にわける作業です。尾小屋鉱山で行われていた手順と当時の道具が展示されています。

AAA_9777

精鉱から目的の銅などの金属を取り出して、ある程度の純度にする作業が製錬です。

AAA_9778

鉱山麓で製錬された金属を、輸送する手順。小松市街地から鉱山まで20キロを以前は馬車や人力車で輸送していましたが、鉱山発達に伴い鉱山鉄道である尾小屋鉄道が開業しました。尾小屋から旧国鉄小松駅に隣接する新小松駅までを結びます。鉱山閉山後1977年、廃線となりました。

AAA_9780

製錬する際に生じる鉱煙の被害で、精錬所周辺の山に閉山後も樹木や草が枯死。山腹の土は流され岩石が露出した荒廃地となっていました。昭和47年ごろから住民の生活環境の保全を目的に、緑化事業を石川県が進めました。岩を爆破し土をかぶせる作業を進めていましたが、昭和54年頃からヘリコプターを使った作業をすすめ、昭和60年ごろには緑が戻ってきました。

AAA_9782

企画展コーナー。以前ここの館長を務めていた丸田兀さんの遺族が寄贈されたコレクションが展示されています。

AAA_9784

AAA_9787

採掘された鉱石の最終的な利用のされ方を説明したエリア。銅はコンピュータの部品やメダルなど様々な利用方法があります。

AAA_9789

2階。古文書の展示。

AAA_9791

尾小屋鉄道の資料もあります。

AAA_9795

尾小屋マインロード

資料館を抜けてマインロードへ向かいます。パンフレットなどを受け取らずに資料館に訪れると、順路がわからず帰ってしまうことがありそうですがこのマインロードこそがメインの展示です。

AAA_9798

公園を少し歩くとマインロード入り口が見えてきます。

DSC_0081

ここが入り口。

DSC_0082

坑内のマップ。およそ600メートルあります。前半が明治頃の採掘を再現した鉱山歴史ゾーン、後半は戦後昭和の採掘を再現した近代鉱山ゾーンになります。

AAA_9801

中はじめじめしているものの涼しく、湧き水が出ているためか所々で冷たい水滴が降ってきます。

AAA_9803

気温14度、湿度72%。地表に近いため涼しくなっていますが、最も深い坑道では年中気温が28~30度と地獄のような環境で採掘作業が行われていました。

AAA_9820

坑木がなくなると岩肌が露出します。ディズニーシーのセンター・オブ・ジ・アースQラインのような、沖縄の海軍司令部壕のような、そんな雰囲気です。

DSC_0086

展示物やジオラマがあります。尾小屋鉱山歌。

AAA_9810

更に奥深くへと進みます。写真では明るく見えますが、実際は結構暗めです。

DSC_0093

木造。坑道の岩盤が柔らかい箇所は、支柱夫とよばれる専門の鉱夫が支柱を組んで坑道を補強します。

AAA_9815

負夫。掘り出された鉱石を鍬で拾い集め、抗口まで運びます。

AAA_9816

水替え。深く坑道を掘り進めると地下水が湧き坑道にたまりました。桶の手渡しなどで排水していましたが、手動ポンプが採用され効率がよくなりました。鉱山は水との戦いと言われています。現代でも東海北陸自動車道の飛騨トンネル工事などで大量の湧き水が問題になりました。

DSC_0098

手選(しゅせん)。坑道の外て採掘された鉱石を仕分けしていました。これは鉱山で働く女性の仕事でした。

DSC_0099

さらにさらに奥へ・・・

DSC_0100

手彫りの再現ジオラマ。このように石頭とたがねによって、堀大工とよばれる坑夫により手で掘られていました。足場が悪いときは先ほどの支柱夫が足場を組んでいました。

AAA_9821

シュリンケージ採掘跡。鉱脈に沿って採掘していく採掘法です。穴が地下深くまで掘られています。絶景です。

AAA_9825

上を眺めると、上にも掘削跡が。

AAA_9826

AAA_9829

更に奥へと進んでいくと、ブラックライトが点灯した怪しげなエリアへ・・・。黄銅鉱が酸化するとこんな色になりますが、これは人工的な着色だと思われます。

AAA_9836

アンモナイトやプテラノドンがなぜかいます。ここまで真面目な展示だったのに、いきなりファンタジー空間になります。

AAA_9842

DSC_0108

鉱山で使用していた泡消火器の展示。

AAA_9844

尾小屋鉱山の歴史。

AAA_9846

後半は昭和の作業になり幾分現代的になります。

装薬。爆破するところに開けた穴(さく孔)に火薬・ダイナマイトを詰めます。

AAA_9850

発破作業。装薬した火薬を一気に爆破します。点火スイッチというあやしいスイッチが有りますが現在壊れているらしく何も起こりません。

AAA_9847

運搬用の機関車。バッテリーが動力になります。

AAA_9854

掘削機が登場し、手掘の時代は終わりました。

AAA_9856

ボーリング作業。岩石中の鉱石の種類や品質を調べるために、ボーリング機械で深く穴を掘り進めます。先端にはダイヤモンドが取り付けれています。

AAA_9863

見張り所。ここで判座(出退勤カード)を出し入坑の確認、今日の作業指示の確認、打ち合わせを行ってから坑道の先端にある採掘現場などにいき作業にかかります。

AAA_9866

AAA_9864

合掌枠。この枠にもいくつか種類があり、それぞれの解説があります。

DSC_0112

出口(当時は入り口)付近には拝殿所。作業員は毎日ここで一日の安全を祈りました。

AAA_9867

600メートルを歩き出口に到達しました。そとから見るとただの山でも、中にはこのような空間が広がっていると思うと不思議な感覚になります。

DSC_0113

以前は福井県の中竜鉱山跡を見学できるアドベンチャーランド中竜という施設もありましたが、2006年に閉鎖されておりここが北陸で唯一整備された鉱山跡を見学できる施設となっています。

Ad

Ad


PAGE TOP ↑