石川・金沢、富山、福井のオススメイベントや観光地等を紹介するブログ

北陸新幹線W7系のW5編成が金沢港陸揚げ

公開日: : 最終更新日:2014/07/28 金沢市 , , ,

4編成目W3編成の陸揚げから1月半、北陸新幹線W7系W5編成の陸揚げ作業が7月27日(日)に行われました。前日26日に神戸港からやってきた貨物船が金沢港に入港し、27日早朝8時より陸揚げ作業を行いました。本日陸揚げした車両は、28日真夜中の午前1時半から10号車~12号車、以降1日3両づつ4日間かけて陸送されるものと思われます。

IHK_3402

11時頃、 7号車~10号車までの4両がすでに並んでいました。

IHK_3277

金沢港には夏休みということもあって、ちびっこ達が大勢新幹線を見に来ていました。柵を越えようとするので関係ないこっちまでヒヤヒヤします。立入禁止の柵は最近県内でもチラホラ見るようになってきた「かがやき」のタイプ。

IHK_3278

本日深夜陸送されるのは10号車~12号車。明日陸送する車両は、輸送用の台車が足りないのでこのように台の上に仮置きしています。

IHK_3300

車輪は車体とは別に別途トラックで白山総合車両基地まで運びます。

IHK_3271

すべての部品を陸揚げし、作業員さんが貨物船から降りてきます。

IHK_3281

神戸港から車両を運んできた「おおくに丸」が無量寺埠頭を離れて行きました。1隻の貨物船に新幹線を2両づつのせて金沢港に運んできます。北陸新幹線の輸送は、1日に3隻の貨物船がやってきて合計6両の新幹線を陸揚げします。1~6号車は2日後にまた別の船が運んできます。1~6号車を陸揚げするまでに、港に並んだ7~12号車を白山総合車両基地まで陸送します。

IHK_3285

すぐに戸水埠頭で待機していた新大誠が無量寺埠頭にやってきました。

IHK_3293

てきぱきと接岸作業を進めていきます。

IHK_3294

接岸しハッチを開いたところで、作業員さんたちはお昼休憩に入りました。

IHK_3302

午後1時、作業が再開します。船に作業員が乗り込んでいきます。

IHK_3314

まずはグリーン車11号車から。

IHK_3323

クレーン2台を使って重さ30トンもある車体を釣り上げます。

IHK_3328

W5編成は川崎重工の兵庫工場で生産されたものです。

IHK_3342

IHK_3346

一旦、2台のトラックにおろしてトレーラーで運搬するための機材の取り付けを行うみたいです。ちなみこの辺の構造は船員さんのブログでで紹介されています(W1編成のもの)

IHK_3351

再び車体を持ち上げてトレーラーへ。

IHK_3356

トレーラーにつなぎました。

IHK_3357

次の12号車陸揚げ作業のため、移動します。

IHK_3373

午後2時過ぎ、12号車が姿を表しました。

IHK_3387

車両の向きに規則性が無いので、ここからだと頭が反対向きに。

IHK_3391

グランクラスは18人乗り=6列×3人なので窓が6つ。

IHK_3396

移動して撮影

IHK_3401

IHK_3407

フロントガラスにはW5の文字。W7系は10編成搬入しますので、あと半分。試験走行が8月から始まりますが、このW5編成も8月中に試験走行を行うのでしょうか。

IHK_3418

1~6号車の陸揚げは火曜日だと思われます。W6編成も川崎重工で製造中で、8月~9月頃に次の陸揚げ・陸送がありそうです。現在のペースではE7系F17編成とW7系W10編成が完成するのは来年以降になりそうですが、「あさま」はしばらくE2系とE7・W7で運行して、完成次第徐々に置き換えていくのでしょうか。

IHK_3421

ちなみに5編成目を搬入すると、現在W1~W4編成を格納している検修庫(整備工場)が埋まります。6編成目が来ると発着収容線庫(車庫)にあふれた1編成が常にある状態になり、外から新幹線を確認できるようになります(試験走行のため別の駅にいるかもしれませんが)。

AAA_8596

Ad

Ad


PAGE TOP ↑