石川・金沢、富山、福井のオススメイベントや観光地等を紹介するブログ

白山総合車両所 一般公開 北陸新幹線の整備工場を見学してきました

公開日: : 最終更新日:2015/03/08 白山市 , , , ,

北陸新幹線開業まであと2ヶ月を切った2015年1月18日、北陸新幹線の車両基地及び整備工場の「白山総合車両所」が、白山市民を対象に一般公開されました。

以前2014年6月に開催された一般公開では、募集500人に対して応募が1万5945人と約32倍もの倍率になりました。今回は事前の応募は不要で、白山市民(とその同伴者)なら自由に検査車庫やW7系新幹線を見学することができ、およそ7000人が来場しました。

白山総合車両所の様子をご紹介します。写真ほとんど整理せずに載せたので、多めです。

IHK_5288

白山総合車両所はJR加賀笠間駅と松任駅の間、金城大学の近くにあります。全国で4番目の新幹線総合車両基地で、敷地面積約26 ヘクタールの広大な敷地に新幹線の車庫と整備工場が併設しています。金沢駅からは回送線でつながっています。なお同じく白山市にある在来線の金沢総合車両所(旧松任工場)とは全く別の施設になります。場所も違います。

IHK_5182

今回公開されるのはこのエリア。仕業・交番検査庫と台車検修場、総合事務所です。

IHK_5080

車両基地がいくら広いといえども、大量の駐車スペースはありませんので、白山市役所または松任駅から無料のシャトルバスが運行していました。加賀笠間駅から歩いてくる人も。

IHK_5061

新幹線陸送時に新幹線を搬入したスロープをバスで登り、10時過ぎに会場へ。トラバーサーがあるあたりです。

IHK_5081

11時からの公開ですが、すでに大勢の人が集まっていました。JR西日本 金沢副支社長、白山市長の挨拶の後、白山総合車両所 所長の掛け声とともにテープカット。そして入場です。なお入場に際し、白山市民であるかどうかの確認は一切ありませんでした。

DSC_0358

記念品が配られます。メモ帳。

IHK_5075

W7系ペーパークラフト

IHK_5083

見学ルートの入口は、トラバーサーを渡って台車検修場へ進むか、仕業・交番検査庫に進むかの2箇所。なお安全のためかトラバーサーの線路は塞がれていました。

IHK_5127

まずは仕業・交番検査庫へ進みます。

IHK_5450

仕業・交番検査庫

今回この中で展示されていたのはW9編成、W2編成、W7編成、W8編成の4編成。

IHK_5302

1番船から5番線まで、仕業・交番検査庫は5編成のE7・W7系が入るようになっています。

IHK_5422

各新幹線の12号車側先頭車両では、先頭車両と記念撮影ができるようになっており、長蛇の列となりました。

DSC_0616

子供向けに、運転手さんの制服を着ての撮影も。

DSC_0420

W7編成仕業検査・W8編成交番検査

W7編成が仕業検査線、W8編成が交番検査線に入線していました。

IHK_5351

仕業検査は、パンタグラフや客室設備、ブレーキなどを目視で点検し、2日ごとに実施します。交番検査では30日以内または3万キロ以上の走行ごとに実施し、消耗品の交換や車軸の検査などを行います。そのほか隣の工場で実施する18ヵ月ごとの台車検査、車両をばらして検査・再塗装を行う3年ごとの全般検査があります(後述)。

DSC_0556

長野新幹線車両センターではE7系の仕業検査に3人で60分、交番検査は15人で1日がかりになるそうなので、白山総合車両所も同じような感じだと思われます。東京-金沢往復が約900kmなので、3万キロは割りとすぐに超えてしまいます。

DSC_0579

DSC_0400

交番検査線は2本ありますが、もう一方は今回空。

IHK_5274

メンテナンスがしやすいように、線路の下に作業スペースがあります。

DSC_0405

車体の下で作業するための、こんな車両も公開。

IHK_5293

信号設備。入・切は新幹線が入線しているかどうかではなく、架線に電気が流れているかどうかを示しています。

IHK_5278

2編成並んでます。駅のホームと比べると間隔が短め。

IHK_5429

車内清掃用の水道設備や、モップ置き場が通路に何箇所もあります。

DSC_0600

ジェイアール西日本金沢メンテックのスタッフがここで車両の清掃を行います。

DSC_0615IHK_5105

この工場で働く整備士さんは、新規採用のスタッフだったり、同じJR西日本の山陽新幹線 博多総合車両基地から期間限定で応援に来ているベテラン九州男児だったり、在来線の金沢総合車両所松任本所からの転属だったりと様々。

IHK_5232

工場は、光を取り込みやすい設計になっているので、思っていたより中は明るめ。

DSC_0623DSC_0622

保守用通路に上がって新幹線を撮影。

IHK_5282

1編成およそ300メートルあるので、12号車から1号車まで結構歩きます。

DSC_0593

出入り口以外は柵があります。

IHK_5318

こちらは床下は見学できません。

DSC_0595

行き先案内表示が出ていました。

IHK_5254

W7編成が 上り かがやき500号東京行き。次は富山。

IHK_5242

W8編成が 下り かがやき501号金沢行き。次は上野。

IHK_5239

英語表記。指定席グランクラスのマーク。

IHK_5233

車体に描かれたグランクラスのマーク

IHK_5237

外幌

IHK_5248IHK_5319

W8編成は東京方向のヘットライトが点灯。

IHK_5300

W7編成はテールランプ。

IHK_5295

12号車側は撮影の列ができてましたが、1号車側は待たずに撮影出来ました。

IHK_5397

奥に見えるのはW2編成とW9編成。

IHK_5284

本当は4編成並んでいるのですが、見学可能エリアの都合上この角度で同時に写せるのは3編成分。

IHK_5337

先頭部分。この工場は電化されてるので、保守車両を連結せずに、自力で入線できます。

IHK_5440

何かを跳ね飛ばしたような跡がついてました。

IHK_5438

運転席入口。運転席の公開はありません。

IHK_5333

W7系ロゴマーク

IHK_5437

W7系W7編成の3号車。例の陸送中に事故った車両です。

IHK_5290

この2編成、車内が公開されています。

DSC_0600

それでは、車内に入ってみましょう。

IHK_5280

W7系車内公開

W7系W7編成・W8編成の車内を見学します。去年長野新幹線E7系「あさま」に乗車しましたが、全く同じです。多分、車内で分かる違いは車両番号か車内メロディくらいでしょうか。

DSC_0594

今回グランクラスの展示は無し。外から眺めます。

IHK_5246

グリーン車も。

DSC_0603

10号車から車内へ。11号車グリーン車へは入れません。

DSC_0601

車内へ。まだ新品のシートの香りがします。暖房がかかっていました。

IHK_5326

かがやき500号の案内表示。車内でアナウンスが流れていましたが、見学の注意のみでメロディなどは特になし。W7系は東海道・山陽新幹線のJR西日本所属車両と同じく「いい日旅立ち」、E7系は上越・長野新幹線と同じメロディが流れる予定。

IHK_5267

3列シート側

DSC_0584

2列シート側

IHK_5277

回転させてみました。

IHK_5269

テーブルを降ろします。

DSC_0582

ドリンクホルダーを降ろします。コンセントは全席完備。車内誌などは特に入っていません。

IHK_5262

ヘッドレストを上げます。

IHK_5263

窓のブラインド

IHK_5265

しばらく座って休憩すると、電光掲示板もあって、北陸新幹線で旅をしている気分になります。

IHK_5358

デッキへ。

DSC_0589

トイレは利用不可。

IHK_5338IHK_5272

車いす客の利用を想定した7号車。

DSC_0598

トイレ公開。

IHK_5340

多目的室。赤ちゃんへの授乳の際や、急病人などが発生した際に、シートを広げてベッドにします。

IHK_5345

2編成20両分の車内が公開されていたので、混みあうこともなくW7系の車内を満喫できました。

IHK_5432

融雪線

新幹線についた雪を落とすための設備です。

DSC_0421IHK_5304

こちらにはW2編成が入線。

DSC_0417

床から温水を噴射します。

DSC_0418

さらに高圧洗浄機を使用します。

IHK_5390

水蒸気が他の作業の邪魔にならないよう、ここだけアクリルパネル?で囲まれていました。

DSC_0415IHK_5306

そのため、近くでは見れず。

IHK_5317

W2編成は先頭車両付近での記念撮影のみとなりました。

IHK_5356

車両床下見学

全検整備線では床下が覗けます。

IHK_5125

こちらに入線しているのはW9編成

DSC_0428

普段絶対見られないアングルから、新幹線を眺めることができます。

DSC_0533

例によって、車体は結構汚れているようです。

IHK_5119

ちなみにこちらが金沢港に陸揚げされたばかりの、W9編成1号車。ピカピカでした。

IHK_3939

1号車から12号車まで人がびっしり。

IHK_5312

DSC_0538

DSC_0628 DSC_0630   IHK_5307  DSC_0534

線路上の障害物を跳ね飛ばすゴム

IHK_5384

車体下部を眺めます。

DSC_0545

台車

IHK_5363

車輪

DSC_0537

汚物タンク

IHK_5365

台車以外、床下は結構フラット。

IHK_5372 IHK_5366

連結部分。製造元の日立のマーク。陸揚げ以来久々に見た気がします。

IHK_5370IHK_5380

ボルトの緩みがすぐに分かるように、マジックでマークが書いてあります。

IHK_5374

停車位置が描かれた養生テープ

IHK_5375  IHK_5383  IHK_5385

保守車両

高速確認車

IHK_5217

初列車運行時に、保守作業終了後の線路支障の有無を確認します。

IHK_5220

運転席。

IHK_5219

除雪車。運転席も公開されていましたが、長蛇の列だったので諦めました。

IHK_5426

工場入口付近

入口側

IHK_5442

工場入口付近の架線。デッドセクション?

IHK_5448

洗浄設備

IHK_5297

外を眺めると、屋外で展示されているW4編成と、着発収容線庫が見えます。着発収容線庫に、残りの5編成があるのが確認できました。今日この時間帯はW7系の試運転は無かったようです。

IHK_5443

W4編成展示

検査工場の外には、W4編成が写真撮影用に展示されていました。

IHK_5402

このカーブを使った写真、ちょくちょくポスターなどで使われていたかと思います。

IHK_5400

運転手が乗車する階段があるので、普段からここに停めることもあるようです。

IHK_5176

こちらでも大勢の人が記念撮影していました。

DSC_0495

車庫に入っていただけではわかりにくかったのですが、外に出てみると新幹線12両編成の長さが際立ちます。

IHK_5178

ちなみにW4編成が停車している場所は、臨時修繕線というそうです。

IHK_5310

DSC_0516

総合事務所公開

事務所の屋上と、1階の食堂が休憩スペースとして公開されました。

DSC_0480

中に入ります。

DSC_0512

入口には、W7系が10編成搬入されたことを記念して撮影された写真が飾られていました。10編成すべて並んでいます。壮観です。

IHK_5415

屋上は5階。階段かエレベーターで上ります。

DSC_0559

屋上へ。緑化されているようです。

IHK_5197

金沢駅方向。車庫と総合試験車庫が見えます。ここにEast-iが入るのでしょうか。

DSC_0565

先ほどのW4編成が見えました。

IHK_5409

車両洗浄設備

DSC_0566

保守車両と在来線の線路

IHK_5193

工場側

IHK_5199

「スウィンドウ」という換気用の窓が付いているようです。

IHK_5198

ちなみに屋上には静電気除去シートが多数ありました。公開されることを前提にしているような感じです。

IHK_5412

天気が良かったので白山も。

DSC_0567

1階の食堂スペース

IHK_5203

食堂

IHK_5204

台車検修場

台車の検査・修理を行う施設です。18ヶ月に1度の台車検査、3年に1度の全般検査の際に使用されます。

DSC_0432

DSC_0437

台車振替装置。在来線の整備工場ではクレーンで車体を持ち上げて台車を交換していましたが、ここでは新幹線を持ち上げる専用の装置があります。

DSC_0435

1度に8両をつなげたまま持ち上げることができます。

IHK_5137

外された台車は、レールを移動。

IHK_5215

台車の洗浄装置へ

DSC_0438

これがW7系の台車。こちらはモーターの無いT台車。

IHK_5149

モーターがついたM台車。現在どの車両もメンテナンスに入ってはいないので、元々ある予備の台車でしょう。

IHK_5153

モーター。雪対策のためカバーがついています。

IHK_5159

主変圧器

IHK_5169

空気調和装置

IHK_5167

パンタグラフ

IHK_5163

グランクラスのシートも。サイドパネルが外されています。

IHK_5162

汚物処理装置

IHK_5165

各種作業車

IHK_5142

仮台車

IHK_5146

外された台車は、工場内の各種設備でメンテナンスを受けます。

IHK_5143

台車の設備だけでこの広さ。

DSC_0474

IHK_5212  IHK_5419 IHK_5420DSC_0633 IHK_5136  IHK_5140   IHK_5144 IHK_5145

このほか白山総合車両基地には全般検査(車体をバラして隅々まで整備・再塗装)で使用する車体検修場・塗装場などもありますが、そちらは今回公開されませんでした。仕業検査・交番検査ができる新幹線車両基地は結構ありますが、全般検査までできる車両基地はそんなに多くはありません。

DSC_0508

車体検修場・塗装場を移動するトラバーサー

IHK_5181

帰りのシャトルバスも、1時間待ちの列になっていた時間も合ったそうです。大好評だったこの一般公開、JRでは開業後にも行うとのことです。白山市民(とその同伴者)だけでこの人気なので、一般公開されれば更に大勢の人が訪れるでしょう。ただ開業後は実際に車両や設備が稼動しますので、今回のように5編成も展示されることは無いかもしれません。

IHK_5298

Ad

Ad


PAGE TOP ↑