石川・金沢、富山、福井のオススメイベントや観光地等を紹介するブログ

ヱヴァンゲリヲンと日本刀展 福井市立郷土歴史博物館

2015年3月28日(土)から5月10日(日)、福井県の福井市立郷土歴史博物館にてヱヴァンゲリヲンと日本刀展が開催中です。アニメ「エヴァンゲリオン」に登場する武器やキャラクターをイメージした日本刀などおよそ30点が展示されています。2012年から展示が始まり、全国各地を巡回しているこの企画、今回の福井市が北陸初の展示となります。撮影可能だった範囲で展示内容をご紹介します。

IHK_1913

福井市立郷土歴史博物館へ。無料の駐車場が30台分ほどありますが、満車の場合は丸の内パーキングの60分無料サービスがあります(ヱヴァンゲリヲンと日本刀展 観覧者のみ)。

IHK_1891

ポスター

IHK_1889

入口には綾波レイ、真希波・マリ・イラストリアス、式波・アスカ・ラングレーのパネル

IHK_1894

特別展示の料金は大人800円、高校生大学生600円、小学生中学生400円となっています。

IHK_1888

館内に入ります。受付でチケットを購入します。ヱヴァンゲリヲンと日本刀展は2階です。カヲル君のパネルが階段の途中にあります。

IHK_2056

この特別展のチケットで、常設展示も見ることができます。

IHK_1906

零号機、初号機、弐号機のパネル

IHK_1895

ミサトさん(CV 三石琴乃)の音声ガイドがあります。別料金500円。各展示の説明が流れるようです。写真撮影についての注意事項もあります。一部撮影不可の物がありますが、基本的には撮影可能。どんどんSNSなどに載せて下さいとのことなので、ブログに載せます。

IHK_1900

各キャラクターのパネルが並んでいました

IHK_1902

プラグスーツのイラスト

IHK_1904

展示エリアへ 入ります。

IHK_1907

2メートルほどの初号機のフィギュアと、ロンギヌスの槍の写真が出迎えてくれます。

IHK_1910IHK_1915

最初の展示は、年代別に本物の日本刀の展示です。

IHK_1919

こちらはエヴァ関係ありません。本物です。

IHK_1924

刀剣の種類・歴史。

IHK_1920

日本刀の製作工程

IHK_1921

各部の名称の説明など。これでこの後の展示の説明が、なんとなく分かるようになります。

IHK_1923

海洋堂コラボジオラマフィギュア展示。黒澤監督の椿三十郎のラストシーンをエヴァのリボルテックで再現。

IHK_1926

「御前試合開幕」

IHK_1929

「月夜の沈黙」

IHK_1931

本展示のポスターでお馴染みの着物姿の3人を、リボルテックを芯に使用して造形。

IHK_1932

実際に日本刀を持ち上げることができます。日本刀の重さを体験できます。

IHK_1933

EVANGELION BIZEN OSAFUNE JAPANESE SWORD MUSEUM。2012年に岡山県の備前長船刀剣博物館で開催されていた頃のポスターです。

IHK_1935

エヴァンゲリオンの概要解説。このほかTVシリーズの企画書や、新劇場版の原画などが飾られていましたが、そちらは写真撮影禁止でした。

IHK_1939

メインコンテンツへ。それぞれの作品に詳しい説明が書かれています。こちらの刀は、本職の刀匠らが作成した実際に切ることができる刀です。そのため造形には銃刀法の規制を受けたとのこと。

IHK_1941

マゴロクソード。初号機カラーの日本刀です。

IHK_1936

柄にはNERVのロゴ。

IHK_1947

設定画

IHK_2027

カウンターソード。「エヴァンゲリオンANIMA」に登場する武器だそうです。

IHK_1942

IHK_1948

ビゼンオサフネ。エヴァ弐号機用の大型刀を再現

IHK_1946

IHK_1944

ビゼンオサフネ豆太刀。上記のビゼンオサフネが人間サイズなのに対して、こちらは30センチほどのフィギュアに合うようなサイズで作られた豆太刀です。

IHK_1949

弐号機F型用ATF曲刀。筑紫薙刀と弐号機のイメージを合わせて制作。

IHK_1951

初号機仕様 脇指。初号機をイメージした脇指です。

IHK_1953

零号機仕様 脇指。こちらはレイが乗る零号機をイメージ。

IHK_1962

IHK_1960

真希波・マリ・イラストリアス プラグスーツ仕様短刀。新劇場版から登場した真希波・マリ・イラストリアスのプラグスーツ姿をイメージした短刀です。

IHK_1966

IHK_1965

セカンドインパクト短刀。セカンドインパクトをイメージしたうねりが特徴です。ゼーレのマークも入っています。

IHK_1969

IHK_1968

エヴァンゲリオン初号機型 兜

IHK_1971

覚醒烈勢面

IHK_1973

こちらをイメージ

IHK_1976

鉄から鍛えた脇指。隕石から作られた刀です。

IHK_1978

プログレッシブナイフ ナイフ形。初号機が装備するナイフです。

IHK_1981

IHK_1980

プログレッシブナイフ 剣型 角。弐号機の両肩に装備されているナイフです。

IHK_1982

プログレッシブナイフ 剣型 丸。設定画のみの幻のバージョンを再現。

IHK_1985

手鉾 プログレッシブナイフより

IHK_1988

渚カヲル仕様 刀。

IHK_2002

IHK_2004

綾波レイ仕様 太刀。

IHK_2006

IHK_2032

IHK_2033

エヴァンゲリヲン 刀子(とうす)。各エヴァをイメージして作成。零号機仕様、試験初号機仕様、正規実用型 2号機仕様、EVANGELION Mark.06仕様、正規実用型 8号機仕様の5つ。

IHK_2008

IHK_2010

IHK_2012

刀野薙(NATAYANAGI)。エヴァのメカニックデザインを担当した山下いくとが、本企画のためにデザインしたものです。

IHK_2031

IHK_2017

IHK_2019

IHK_2015

ロンギヌスの槍

IHK_1990

劇中のロンギヌスの槍はエヴァが使用する巨大なサイズですが、こちらは人間サイズに合わせて作られました。

IHK_1993

それでも長さは3.32メートル、重さは22.2キロもあります。制作のため、工房にも手を加えたそうです。

IHK_1999

ダマスカス紋様。いろんな金属をハンマーで叩いて製造しているので、このような模様が現れます。

IHK_2040

写真撮影用に、レイとアスカの等身大フィギュア

IHK_1956 IHK_1959

この展示は5月10日までで、開館時間9:00から19:00となっています。

IHK_2045

展示エリアを出て、エヴァストアへ。こちらはチケット不要で入場無料です。

IHK_2047

数多くのエヴァグッズが売っていました。

IHK_2048

各種お土産や、この企画展限定の商品などもあるようです。

IHK_2050

IHK_2051

ヱヴァンゲリヲンと日本刀展の入場券で、福井市立郷土歴史博物館の常設展示も見ることができます。こんな機会でも無いと、なかなか福井県の歴史に触れることも無いので、せっかくなら観覧してはいかがでしょうか。

IHK_2055

なお、常設展示は撮影禁止で、一部の展示のみ撮影が可能です。

IHK_2053

IHK_2054

Ad

Ad


PAGE TOP ↑